二子玉川日和

廣瀬式・ブランド店に堂々と入る2つの方法

こんにちは。廣瀬淑子です。

前回のコラム、いかがだったでしょうか?^^

皆さんは、憧れの洋服ってありますか?

憧れのブランドはありますか?

私は学生の頃から、憧れのブランドのお店の前を通るたび、うっとりと見ていました。

しかも立ち止まらないで、歩きながら「さっ」と横目でうっとり見ていました(笑)

立ち止まってじっくり見ることができなかったのです。

理由は、そのお店の雰囲気と自分自身と比べていたから。

今思うと、思わずクスッと笑っちゃいますが、その当時はお店の中へ入ってみるなんて、恐くてできませんでしたね。

入ったら店員さんに、そっけない態度とられたらどうしようとか、冷たい目線投げられたらどうしようとか。

そこでいろいろ薦められて、試着してみて、なんだか断りにくくなってしまい、買ってしまう。

でもその服は家に帰ってもう一度着てみると、実はあまり好きではなかったという悲しい事実に直面しました。

肌の色と服の色が微妙に合っていない。

着ていくところがない。

身体にフィットしていない。

せっかく、時間とお金をかけて手に入れた服なのに、なんだかなぁ。。。というモヤモヤ感。

結局そのお洋服と仲良くなることもなく、タンス行き。

そのお洋服も、いろんな人の想いが込められて、縁あって自分のところへきたのに、似合わないなんて悲しいですよね。

お洋服も、自分自身もかわいそう。

じゃあどうすればいいのか。

これは私の個人的な考えですが、「着てみたい」と思う服の雰囲気に、自分自身がなっていけばいいんだと思います。

「似合う自分」になる。

  1. 即効性のあるアプローチは、着てみたい、でも似合わないと思うのであれば例えば小物や、メイクでカバーしてみる。
  2. 長期的なアプローチは、その洋服、その服のブランドイメージに合ったライフスタイルを送ってみる。

女性で良かったと思えるところは、ここにあると思います(笑)。

私はこの2点を意識しながら日々を過ごしてみようと決心して以来、今ではどのお店も「堂々と」入っていきます。

ドギマギしながら入るのではなく、「今日はどんなお洋服に出会えるだろう。その服はどんなイメージをつくってくれるだろう」という気持ちで入っていくんです。

そうすると、不思議といいものが見つかったり、店員さんの態度も不思議と気にならなくなります。

そうなるとしめたものです(笑)

みなさんも、着てみたいお洋服があったらぜひ試してみてくださいね。

自分に似合う服がどんどん見つかります。

親身になってくれる店員さんも見つかりますよ♪

2014年3月24日

カテゴリTOPこれまでのコラム


廣瀬 淑子(ひろせ よしこ)

廣瀬 淑子(ひろせ よしこ)

美小柄プロデューサー。オーラソーマカラーケアシステムプラクティショナー。カラーセラピーでその人本来の美しさ、才能を見出し、多くの女性の輝きを後押し。女性達をもっと輝かせたいという思いから「笑顔で働きたいママのフェスタ」神奈川エリアの実行委員長として2年連続務める。小柄な女性に向けて「美小柄で大人可愛く」をテーマにファッションコーディネート情報も発信。

ニコビのfacebookページ
  • 格安ホームページ制作のダッシュパック
  • ニコビマガジン
  • ニコビの広場
  • 東京の天気予報

  • ニコビ・ダイエット・クラブ
  • おしゃれスナップ
  • きのこグレイス先生の12星座とルーン文字で占う消しゴムはんこ占い
  • みんなの広場
  • 紀伊國屋書店 玉川高島屋店 ランキング
  • TSUTAYA 二子玉川駅前店 ランキング
  • ニコビのレシピリスト
  • ルンルンレシピ(あなたのレシピ待ってます)
ニコビ編集部のTwitter
ニコビ編集部のfacebook
  • みんなの写真
  • みんなのコラム
  • ニコスト
  • 二子玉川ぶらぶらマップ
  • 執筆陣プロフィール
  • 広告掲載のご案内
  • 広告掲載のご案内
ページトップの先頭へ