二子玉川日和

旬のふきのとうを味わうレシピ、美しい一皿を簡単に!

ふきのとう

少しずつ春の訪れを感じる今日この頃。

春ってなんだかそわそわしませんか?

菜の花が八百屋さんに並び始め、河津桜のニュースが流れ、温かい日差しを感じたりして…「あーー春が来ちゃったー!」って焦ってしまいます。

ふきのとう

今年のそわそわの原因は、ふきのとう。

早く摘みに行かなくては旬を逃してしまう!と義実家に行ってきました。

義実家は農家をしているので、ふきのとうを収穫できるのです。

意気揚々、娘と争うように探しましたが、これが中々見つかりません。

が、夫は「ほれ、ここ」とすぐに見つけるのです。

さすが!

枯れ草の下からひょっこり現れた、ふきのとう、春を告げる宝石のように艶やかです!

さて、ふきのとうと言えば天ぷらや蕗味噌が定番ですが、今回はとっても簡単で、ふきのとうの苦みや鮮烈な香りを味わえ、尚かつ、美しいレシピをご紹介します。

ふきのとうのグリル、プロシュート添えの材料(2人分)

  • ふきのとう あるだけ(1人だいたい3個以上)
  • プロシュート(生ハムならどの種類でも) 1枚
  • レモン 1個

ふきのとうのグリル、プロシュート添えの作り方

  1. フライパンに多めのオリーブオイルをひき、弱火でふきのとうを揚げ焼きする。すぐ焦げるので転がしながら、全体に焼き目がつけばOK。
  2. グリルしたふきのとうを、お皿に盛りつけ、プロッシュートを添え、オリーブオイルをたらし、ブラックペッパーを適量ふり、レモンの皮をお皿全体にすりおろす。

以上!

ふきのとうのグリル、プロシュート添え

簡単で本当に本当に美味しいんですよー!

食べ方は生ハムを少し切り、ふきのとうと一緒にお口にパクっとどうぞ。

噛んだ瞬間にオイルがじゅわーと広がり、ふきのとうの苦みと香りが鼻に抜け、最高です!

では、もう一品!

蕗味噌(ふきみそ)、クリームチーズ添え

レシピは…えー…蕗味噌にクリームチーズ添えるだけです。

すみません、すみません、えらそうに。

蕗味噌は、市販の物で大丈夫です。

手軽に旬のものを楽しみたいですよね。

この組み合わせ、何とも言えずマッチするんです!

ふきの苦みをクリームチーズがまろやかに包み込んで、蕗味噌の甘みが引き立って…。

いつまでもチョビチョビ食べていたいです…。

実を言うと、お料理しながらドライゼロ飲んで、チョビチョビつまんで無くなっちゃいました…。

蕗味噌(ふきみそ)、クリームチーズ添え

私は今日の朝、この組み合わせをベーグルに塗りたくっていただきました。

いつまでも冬眠モードですが、やはり春の物を食べるとシャキっとします。

みなさまもぜひ旬もの物を召し上がって、食べ物の力を戴いちゃいましょう♪

2014年3月22日

カテゴリTOPこれまでのコラム

photo by 今井 裕治


今井 真実(いまい まみ)

今井 真実(いまい まみ)

神戸市生まれ。世田谷区内で料理教室「nanamidori」を主宰。歳時記を大切にしたおもてなし、旬の味覚、ナチュラルな素材を使い簡単で彩りを意識したお料理を日々研究。自宅でギャザリングパーティを行い、色んな人と美味しい食べ物、時間を共有するのが週末の楽しみ。

ニコビのfacebookページ
  • 格安ホームページ制作のダッシュパック
  • ニコビマガジン
  • ニコビの広場
  • 東京の天気予報

  • ニコビ・ダイエット・クラブ
  • おしゃれスナップ
  • きのこグレイス先生の12星座とルーン文字で占う消しゴムはんこ占い
  • みんなの広場
  • 紀伊國屋書店 玉川高島屋店 ランキング
  • TSUTAYA 二子玉川駅前店 ランキング
  • ニコビのレシピリスト
  • ルンルンレシピ(あなたのレシピ待ってます)
ニコビ編集部のTwitter
ニコビ編集部のfacebook
  • みんなの写真
  • みんなのコラム
  • ニコスト
  • 二子玉川ぶらぶらマップ
  • 執筆陣プロフィール
  • 広告掲載のご案内
  • 広告掲載のご案内
ページトップの先頭へ