二子玉川日和

ママたちのはたらきかた

いろんなところで、仕事での女性の活用が話題です。

新聞でも経済紙でもファッション誌でも「ワーキングマザー」って単語をよく目にする。

ワーキングマザーは戦力か?お荷物か?

なんて、ずいぶんはっきり書かれていましたけど。

わたしも気になって、いくつか読んでみました。

その中で一番、印象に残ったのが、東洋経済(2013年8月31日号)の「仁義なき抗争」と銘打ったコラム。

「仕事優先バリキャリママ」vs「育児優先ゆるキャリママ」という構図で抗争が起こっていると。

よくあるよね、こういう対比。

専業 vs 兼業

母乳 vs ミルク

私立 vs 公立

わたし自身は、正直どっちでもいいじゃんって考え。

でもどうして、こういう抗争というか、対立図ができやすいんだろう。

こういうのって、自分の現状や将来への不安とか、互いへの妬みから来るんじゃないかなぁと思う。

子ども優先で自分の権利ばかり主張して、仕事を放棄する「ゆるキャリママ」が許せない「バリキャリママ」は、もしかしたら、子どもとの時間が多く取れないことを気にしていて、きっぱりと"子どもに向き合う"と公言する「ゆるキャリママ」に、どこか引け目を感じているのかもしれない。

バリバリ仕事して男性を蹴落とす勢いで出世する一方、長時間保育やシッターを利用してまで仕事に没頭する「バリキャリママ」の親の責任放棄を批判する「ゆるキャリママ」は、本当は自分も仕事を諦めず思いきり働きたかったと、仕事で自己実現してキラキラ輝く「バリキャリママ」の充実した仕事ぶりを妬んでいるのかもしれない。

ようは、ないものねだりなのかな、って。

「バリキャリ」でも「ゆるキャリ」でも自分が自信をもって「わたしは、このやり方でいく」と胸張って言えれば、他方がどうであれ、抗争など生まれない。

昔から言うでしょ、信じるものは救われる、って。

なんだってこれに尽きるんです。

自分がいいと思ったことを、思ったようにする。

そうすれば、自分が「バリキャリ」だろうが「ゆるキャリ」だろうが「 へー、あなたバリなんだぁ、どう?バリ大変?」って聞けるし「ゆるにも憧れるけど、わたしやっぱりバリなんだよねぇ」って話せるよ。

よくも悪くもワーキングマザー同士、仲良くやっていきましょうよ。

余談ですが、ママ友の間でもこの話題は取り上げられてて「バリキャリでもゆるキャリでもなく、その中間」というスタンスのママが大半だった。

「そこそこバリキャリ」で「そこそこゆるキャリ」=「そこキャリ」

これからは「そこキャリ」が流行るかも?

2013年8月28日

カテゴリTOPこれまでのコラム


セイノレイコ

セイノレイコ

二子玉川在住の某大学キャリアカウンセラー(JCDA認定CDA)。あらゆる世代の女性の就労支援がテーマ。二子玉川育ちの家事上手なオットとマイペースで自由人なムスコと3人で二子玉川ライフを満喫中。

ニコビのfacebookページ
  • 格安ホームページ制作のダッシュパック
  • ニコビマガジン
  • ニコビの広場
  • 東京の天気予報

  • ニコビ・ダイエット・クラブ
  • おしゃれスナップ
  • きのこグレイス先生の12星座とルーン文字で占う消しゴムはんこ占い
  • みんなの広場
  • 紀伊國屋書店 玉川高島屋店 ランキング
  • TSUTAYA 二子玉川駅前店 ランキング
  • ニコビのレシピリスト
  • ルンルンレシピ(あなたのレシピ待ってます)
ニコビ編集部のTwitter
ニコビ編集部のfacebook
  • みんなの写真
  • みんなのコラム
  • ニコスト
  • 二子玉川ぶらぶらマップ
  • 執筆陣プロフィール
  • 広告掲載のご案内
  • 広告掲載のご案内
ページトップの先頭へ