二子玉川日和

ひとりっこで、ゴメンナサイ

なんだ、ゴメンナサイって。

誰に対しての謝罪だ。

ひとりっこの母親って、何とも言えないこんな気持ちになる人が多い気がする。

ごめんなさい、とは思わなくても、なんとなくモヤモヤする、折に触れこの話題を反芻する、そんな経験ないかな?

ひとりっこになる(する)理由は人それぞれで、あえて作らない人も、欲しいけどできない人も、もうこりごりで打ち止めな人もいる。

我が家は今のところ「選択ひとりっこ」。

仕事との兼ね合いや引っ越しなどのライフイベント、自分たちの体力や気力を総合的に判断したところ、「今はふたりめを考える時期ではない」という結論に至っている。

でもなんで「ひとりっこで、ゴメンナサイ」なんて思うんだろ。

思い当たるひとつは、子供の経験。

きょうだいがいる、という経験は、親がそうしないとできないもので、親が複数子供を持たないかぎり、子供はこれを享受できない。

下の子がいれば上の子はガマンすることも多いけど、「ガマンする」という経験を積めるのも下の子がいるから。

きょうだい同士で仲良く遊ぶことも、おもちゃを取り合ってケンカをすることも、無駄になる経験なんて何一つなくて、「きょうだいがいない」っていうだけでこれらすべての経験ができないわけだ。

よくも悪くも、きょうだいで遊んでいるお友達の姿を見ると、ムスコに対して「きょうだいがいるという経験をさせられなくて、ゴメンナサイ」って思う。

ふたつめは、ママ友との差。

世は少子化問題が騒がれておりますが、2人3人と子供のいる家庭の多さよ。

ひとりっこ家庭の方が少ないんじゃないかな?って思うくらい、少なくともわたくしセイノの周りにはきょうだいのいる子が本当に多い。

以前も書いたけど、子供が増えればそれだけ親の負担はあらゆる面で増えるわけで。

子供の数に比例はしないけど、間違ってもひとりっこの方が大変、ということはありえない。

そうすると、ひとりしか子供のいないわたしは、なんだか、楽をしているような気持ちになるんだよ。

下の子の世話をしながら上の子を見る、下の子を抱っこしたままグズる上の子を抱き上げる、なんかもう、みんながみんな、スーパー母ちゃんに見えるんだ。

そこでひとり、もうすっかりお兄さんになっちゃった3歳のムスコと話してるだけのわたし。

なんだこれ、自分だけ楽じゃん。肩身狭い。

「わたしだけ子供ひとりで楽してて、ゴメンナサイ」って思う。

みっつめは、周りからの刷り込み。

親しい友達やママ友、親なんかから「ふたりめどーすんの?」って聞かれるのはいい。

度々悩んで相談しているから、ふたりめに関することも単なる共通の話題でしかない。

でもね世の中面白いもんで、ひとり産んでいると「身体的にも経済的にも産める環境の人」という認識が強くなるのか、びっくりするくらい気軽に「ふたりめ作らないの?」って聞いてくる人が多いんだ。

職場の上司(おっさん)とか、道端でちょっとしゃべったおばちゃんとか。

特におっさん。

適齢期でもあるわたしの産休育休の心づもりを探りたい気持ちも分かるが、何度だって聞いてくる。

聞いてくるだけじゃなく、「うちは2人産んだよ!」「うちなんか3人」とか競いだす。

おいおっさん、「産んだよ」じゃねーよ、産んだのあんたの奥さんだろ、お前産んでねーじゃんいい加減にしろ!

と思いながら笑顔で「ソーデスネー、カンガエナキャイケナイデスヨネー」って返してますけど。

こうやって、出産可能な時期を過ぎるまで、これからも何度も何度も言われるんだろうな。

そして言われるたび「ひとりしか産まなくて、ゴメンンサイ」って思う。

きょうだいがいることが絶対的に良い、というわけではないけれど、きょうだいがいた方が良いことが多いのは確かだろうし、少子化対策を考えると、一組の夫婦がひとりしか子供を産まなければ人口は増えないから産んだ方が当然良い。

んなこたぁ、分かってる

分かってるけど、でもそれでも、自分の能力ではこれ以上は難しいんじゃないだろうか、体力がもたないんじゃないだろうか、これ以上自分の時間が減ることに耐えられるんだろうか、今ひとりで抱えている仕事を放り出していいのだろうか、経済的に余裕がなくなるんじゃないだろうか、子供が望む教育を与えられなくなるんじゃないだろうか。

尽きぬ悩みで、踏み切れないのだよ。

たぶん、産めなくなるまで悩むと思う。

それまで長いような、短いような。

2014年11月18日

カテゴリTOPこれまでのコラム


セイノレイコ

セイノレイコ

二子玉川在住の某大学キャリアカウンセラー(JCDA認定CDA)。あらゆる世代の女性の就労支援がテーマ。二子玉川育ちの家事上手なオットとマイペースで自由人なムスコと3人で二子玉川ライフを満喫中。

  • 内田ゆみ

    応援してます!頑張りすぎなくて大丈夫。充分立派に子育てされてますよ♪

  • セイノレイコ

    内田さま

    セイノです。
    心のこもったコメントをありがとうございます。

    おっしゃる通りだと思います。
    子供が何人であろうと「どう育てるか」が大切なんですよね。
    心に留めて、ムスコを大切に育てたいと思います^ ^

    先輩ママとして、これからもいろいろと教えていただければ幸いです!

  • 内田ゆみ

    そんなに考え過ぎなくても良いのではないですか?

    子供が小さいうちは周りとの繋がりが密だから、どうしても比べてしまいがちになるけど、どちらがどうというのは無いと思います。

    実際、よく見てると子沢山の人はわりと適当(良い意味でとってくださいね)です。

    一人の人間が出せる力なんて大体同じだから、子供三人の親が一人っ子より三倍やってるかっていうとそうではないと思う。

    うちも一人っ子ですが、保育園育ちなのでそこで色々学んでました。

    今はもう成人しましたが、一人っ子だった弊害は特に無いと思います。

    それに一人っ子という経験も子供にとっては貴重です。

    兄弟のいる子には経験できないのですから。

    とにかく、何が一番ベストかというのは無い事だと思うので、自分達の選択した道や与えられた使命にひたすら取り組むだけです。

    大切なのは、何人産んだかではなく、きちんと社会に貢献できる一人の人間を育てる事ではないでしょうか。

    うちの子供が小さいときも、周りはみんな3~4人兄弟ばかりでしたが、一人っ子であることを気にしたことはありませんでした。

    そして周りも気にしてませんでしたよ。
     
    それこそ、「うちはうちよそはよそ」のことなので必要以上に思い悩むことはないでしょう。

    そんなことより、今の瞬間の息子さんとの時間をのびのびと楽しんで下さい。

    子供が小さい時間って人生の中の一瞬です。

    そんな短くて美しい時間を悩んで過ごすなんて勿体ない。

    長くなってしまいましたが、歳上の同じ一人息子の母として書かせていただきました。

    ご家族の日々が幸せであふれますように。

ニコビのfacebookページ
  • 格安ホームページ制作のダッシュパック
  • ニコビマガジン
  • ニコビの広場
  • 東京の天気予報

  • ニコビ・ダイエット・クラブ
  • おしゃれスナップ
  • きのこグレイス先生の12星座とルーン文字で占う消しゴムはんこ占い
  • みんなの広場
  • 紀伊國屋書店 玉川高島屋店 ランキング
  • TSUTAYA 二子玉川駅前店 ランキング
  • ニコビのレシピリスト
  • ルンルンレシピ(あなたのレシピ待ってます)
ニコビ編集部のTwitter
ニコビ編集部のfacebook
  • みんなの写真
  • みんなのコラム
  • ニコスト
  • 二子玉川ぶらぶらマップ
  • 執筆陣プロフィール
  • 広告掲載のご案内
  • 広告掲載のご案内
ページトップの先頭へ