二子玉川日和

紫外線のあれこれ

さて、前回は「紫外線は強くなり始めが要注意」というお話をしましたが、今日はもう少し詳しく紫外線の性質について復習してみたいと思います。

紫外線はその波長の長さによって、UV-A、UV-B、UV--Cの3種類に分類されます。

いちばん波長の短いUV-Cはオゾン層に吸収されて地表には届かないため、人体には影響がないとされています。

そして、UV-A、UV-Bと呼ばれる紫外線が肌に対して色々な影響を及ぼします。

近年はオゾン層の減少説もあって、日焼け=悪いこと!の様に捉えられがちですが、決して悪い事ばかりではありません。

普段は日の目を見ない(?)良いところも少し挙げてみましょう。

皮膚への殺菌作用や骨を丈夫にするビタミンDをつくるとか、抵抗力や新陳代謝をあげて風邪をひきにくくするとか…。

メンタル面でもいい影響があると言われていますよね。

そういえば私の赤ちゃん時代は、「健康の為にも積極的に日向ぼっこせよ!」という感じに育てられた記憶が。

もちろん適度にという条件付ではありましたけど…。

話がそれましたが、そんな利点以上に気を付けなくてはならない本題の悪影響について。

一般的に日焼けしてこんがり状態になるのは、波長がUV-Aより短く、皮膚表面にしか届かないUV-Bの影響と考えられます。

そもそも皮膚を黒くするメカニズムは、色素細胞が防御作用としてメラニンを生成させている訳で、それ以上皮膚に侵入しない様にとする、立派なバリア機能のひとつなのです。

ただ肌への作用が強いので、皮膚に炎症が起きたり、シミ、ソバカスの原因にもなるので困りもの、多くの女性の悩みのタネとなっているのもうなずけますね。

でも、近年もっとも問題視されているのが、いちばん波長が長く、皮膚の深くまで入りこんでジワジワとダメージを与えるUV-A!

たんぱく質を変性させるため、肌の弾力やハリを失わせたり、しわの原因となる加齢スピードを加速させる恐ろしい紫外線です。

生活紫外線とも呼ばれ室内にいても窓ガラスも通過する上、浴びても肌が黒くなったりしない性質なので、気付かないうちに老化を早めてしまうことも。

そんな光ダメージから肌を守るためには、過剰に紫外線を浴び過ぎないこと、そして、まずは日常的に日焼け止めを使うことをおすすめします。

ちなみに、サンケア商品に表記されている記号、SPFはUV-Bから肌を守る効果で数値が大きいほど長い時間効果が持続します。またPAはUV-Aから肌を守る効果をあらわしていて、+の数が多いほど効果が高いとされています。

生活のあらゆる場面の中で、過ごし方に合わせたサンケア商品を選ぶ時など、是非参考にしてくださいね!

2014年6月1日

カテゴリTOPこれまでのコラム


沼倉恵(ぬまくらめぐみ)

沼倉 恵(ぬまくらめぐみ)

美容のお仕事ひと筋、二十数年。トータル・ビューティ・ディレクター、エステティシャンとして婦人科や皮膚科の医師とともに、女性特有の体の周期に合わせたメニュー開発を行うなど、医学や心理学も取り入れながら女性の美と健康を追求し、心と体の両面から女性の年齢に合わせたエステを数多く提案。現在、フリー。『セルフマッサージ・レシピ 〜 あなたの美しさを引き出す究極のエステ』監修。

ニコビのfacebookページ
  • 格安ホームページ制作のダッシュパック
  • ニコビマガジン
  • ニコビの広場
  • 東京の天気予報

  • ニコビ・ダイエット・クラブ
  • おしゃれスナップ
  • きのこグレイス先生の12星座とルーン文字で占う消しゴムはんこ占い
  • みんなの広場
  • 紀伊國屋書店 玉川高島屋店 ランキング
  • TSUTAYA 二子玉川駅前店 ランキング
  • ニコビのレシピリスト
  • ルンルンレシピ(あなたのレシピ待ってます)
ニコビ編集部のTwitter
ニコビ編集部のfacebook
  • みんなの写真
  • みんなのコラム
  • ニコスト
  • 二子玉川ぶらぶらマップ
  • 執筆陣プロフィール
  • 広告掲載のご案内
  • 広告掲載のご案内
ページトップの先頭へ