二子玉川日和

今年中にやっておきたい美容のあれこれ

ぐっと寒くなりましたね。

そして遂に2013年もあとわずかとなりました。

みなさん、やり残したことはありませんか?

毎年この時期になると、そのひとつひとつがひと塊りとなって、どうにも追いつかなくなる…。

(そして、このコラムもすっかり遅れまして m(__)m スミマセン、編集長!)

そんな年末を、今年も私は過ごしております。

とはいえ、やはり気持ち良く一年を終わらせて、輝ける新年を迎えたいですね。

今回は美容の視点で、ぜひ今年中にやっておきたいことを考えてみたいと思います。

さて、寒さが本格的になってくると、からだやお肌はどう変化してくるのか。

大きく影響してくるのは、湿度の低下や暖房による乾燥と、冷えやすくなって血液のめぐりや新陳代謝が低下してしまうこと。

思えば11月頃から晴れの日が続いていて、それはそれで最高な気分ですが、その分空気はかなり乾燥しています!!

おまけに気温の変化も激しかったので、この数日の急な寒さはからだにもかなりキツい筈。

そこに年末の忙しさで、睡眠不足やアンバランな食生活が加わると、益々その状態を悪化させてしまうこともありえる訳で。

などと、マイナスなことばかり並べてしまいましたが、そういう事をふまえて、ひとつひとつコンディションを整えていけば大丈夫、冬の季節は長く、まだ始まったばかりです。

まずは現在のご自身の環境や状態を客観的に把握してみましょう。

一日過ごされているお部屋(オフィスの場合は結構過酷だったりしますが)の湿度、室温はどうでしょう?

外を歩いたり自転車で疾走中、気がつけば冷たい風に顔もこわばる位冷えてたり。

意外とそんな日の夜でも、シャワーで済ませてるとか。

極めつけに、夜更かしして、お化粧落とさずに寝てしまった!なんて事は???

(ありませんよねぇ。。。)

それでも、お肌はぷるぷる、手足も冷え知らず、寒さにも負けません!…というなら問題ないのですが、大抵は冷えと乾燥がセットでついてくる。

裏を返せば、冷えと乾燥さえ抑えておけば、最小限冬の肌は何とかなる、と言えるでしょう。とにかく、12月から1月にかけては保湿、保温に徹してみてください。

考えてみれば、風邪やインフルエンザの予防も同じですね。

そこでエネルギーの源、快感ホルモン(前回参照)の登場です。

快感ホルモンは心地よさを感じると分泌され、幸福な気分をもたらしてくれます。

そして、からだには、さまざまな影響が…。

ホルモンバランスはもちろん、血液、リンパの流れ、新陳代謝を活発にして、栄養の吸収や老廃物の排出をスムーズにしてくれたり、免疫力や抵抗力をあげて、健康をキープする助けにもなり。

そして何と言っても、みなさんの大敵、色々なストレスと闘ってくれるのです。

本来、人それぞれ生まれ持った肌は皆、違います。

皮膚のきめ、厚さ、皮脂や水分量、弾力など。

そんな資質要素に、季節の変化、それぞれの生活習慣などが絡み合って、今のからだ、肌をつくっているんだと思います。

一年の終わりに、「今年の夏は暑かったなぁ。海にもよく出掛けたし」などと、過ごしてきた時間を少しだけ振り返りながら、色んな思い出と共に自分のからだに向き合ってみるのもおもしろいですよ。

その答え合わせから、来年に宿題を残して新しい年を迎えましょう!

2014年、年初めのコラムは、一年の計は元旦にあらず??のお話を。

お楽しみに!

今日のきれいの素

今回は、女性限定の話題です。

12月は、何かと忙しい時期。

仕事は、仕事納めまでには…と時間に追われ。

プライベートは、忘年会やクリスマス、大晦日のカウントダウンと待ったなし。

それに大掃除やお正月の準備まで。

そんな中でも、女性のからだはある一定のリズムで常に影響を受けています。

それが女性ホルモンです。あたり前のことの様ですが、そのバイオリズムを少し意識して過ごす事が、大切なイベントシーズンには意外と役に立つのです。

一般的に生理前と言われる黄体期には、疲れやすい、むくみやすい、ニキビができるなど、人によって様々な不具合が出やすくなります。

実際、からだの抵抗力も落ちやすくなるので、風邪をひいたり、体調を崩したのが黄体期だった、という事はよくあることです。

一方、生理の終盤から終わってしまえば、比較的安定した時期となり、体力、気力、もちろん肌の状態も上向いてきます。

つまり、多少の無理をするなら卵胞期、無理のきかない黄体期を元気に過ごしたければ、多少のケアと心がけが必要、ということです。

例えば、むくみやすくなるなら、お付き合いであっても飲み過ぎない、塩分を多少控える。ニキビができやすくなるなら、黄体期前にビタミン不足にならない様に気を付けたり、水分量を安定させる為に保湿パックに精を出す、など。

絶対に体調を崩したくなければ、無理をしたくない黄体期、ぜひ頭の隅っこに。

そして上手くコントロールしながら、年末年始を元気に過ごしましょう!

2013年12月18日

カテゴリTOPこれまでのコラム


沼倉恵(ぬまくらめぐみ)

沼倉 恵(ぬまくらめぐみ)

美容のお仕事ひと筋、二十数年。トータル・ビューティ・ディレクター、エステティシャンとして婦人科や皮膚科の医師とともに、女性特有の体の周期に合わせたメニュー開発を行うなど、医学や心理学も取り入れながら女性の美と健康を追求し、心と体の両面から女性の年齢に合わせたエステを数多く提案。現在、フリー。『セルフマッサージ・レシピ 〜 あなたの美しさを引き出す究極のエステ』監修。

ニコビのfacebookページ
  • 格安ホームページ制作のダッシュパック
  • ニコビマガジン
  • ニコビの広場
  • 東京の天気予報

  • ニコビ・ダイエット・クラブ
  • おしゃれスナップ
  • きのこグレイス先生の12星座とルーン文字で占う消しゴムはんこ占い
  • みんなの広場
  • 紀伊國屋書店 玉川高島屋店 ランキング
  • TSUTAYA 二子玉川駅前店 ランキング
  • ニコビのレシピリスト
  • ルンルンレシピ(あなたのレシピ待ってます)
ニコビ編集部のTwitter
ニコビ編集部のfacebook
  • みんなの写真
  • みんなのコラム
  • ニコスト
  • 二子玉川ぶらぶらマップ
  • 執筆陣プロフィール
  • 広告掲載のご案内
  • 広告掲載のご案内
ページトップの先頭へ