二子玉川日和

子育てと仕事の両立で一番学んだことは「手放すこと」

(文:石川沙絵子さん)

子育てと仕事の両立で一番学んだことは、「手放すこと」でしょうか。

4月より2人目の産育休明けで復職した訳ですが、産育休明けというのは独特なモチベーションで、仕事へのやる気、ワクワク感はあるものの、過去の自分の価値観をある意味で手放し、今の自分とチューニングさせるためのある種の葛藤があるのです。

「前の私はこうじゃなかった」に向き合うことになります。

例えば、顧客、働く仲間の期待を常に超えようと考え、行動できていた感覚が鈍っていると感じたり、それがわかっていても手が勝手には動かずに、思った以上に一つの仕事に時間がかかったり、それを取り戻そうと1日のどこを削ればいいのか考えたり、でも家事・育児に手を後回しにしたくない自分もいたり。

やりたいこと、やるべきことはたくさんあっても、できることが少ない自分に愕然とします。

日々仕事をしていると変化というのは感じにくいものですが、月日は確実に流れていて、顧客の期待値、働く仲間のレベル、ビジネスのスピード、すべて変化しています。産育休明けにはその変化の壁が高くそびえたっているかのように感じます。

これは1人目の復職時に学んだことですが、「独身時代の上手くできていた自分」にしがみつかずに手放すことでしか、その壁は乗り越えられないということ。

きっと今回も「子ども1人と仕事の両立を上手くできていた自分」を手放すことでしか前には進めないような気がしています。

止まっていた時間からまた上手く世の中の流れにのれるまで、もう少し葛藤を味わおうと思います。

時間の流れと共に薄れてくるであろうこの瞬間しかない葛藤。

今回は自分への備忘録として、あえて言葉にしてみました。

育休明け復職をしたママたちは、少なからずみんなこんな葛藤をしているのかなぁと思います。

本人は言葉には出さないかもしれないけれど、周囲の人がこの気持ちを知っておいてくれるだけで、安心して仕事へのアクセルが踏めるような気がします。


石川 沙絵子

石川沙絵子さん

「100年100人採用」「かけもち大歓迎」「経営数値フルオープン」と ユニークな組織運営をする企業の成長支援会社、ジャンプ株式会社に勤務。ライフワークとして、仕事と育児の両立経験を活かし、「女性」「働き方」についての講演や、女性を中心としたキャリア相談も行う。 『一人でも多くの女性が活き活きと働ける社会』をテーマに活動中。3歳女児、0歳男児の2児の母。

2014年4月22日

カテゴリTOPこれまでのコラム


掲載について

「みんなのコラム」では、皆さまからのコラムをお待ちしております。

メール本文に「氏名」「掲載名(ニックネーム等)」「掲載タイトル」「掲載本文」を明記の上、こちらのEメールまでご送信ください。

よくあるご質問

  • 写真、イラスト等の画像を掲載したい場合は、メールに添付してご送信ください。

掲載不可のもの

  • 掲載に不備があるもの
  • 虚偽または内容が不明確なもの
  • 政治・宗教活動を目的としているもの
  • 品位を損なう恐れがあるもの
  • 当社が掲載を不適当と判断したもの
ニコビのfacebookページ
  • 格安ホームページ制作のダッシュパック
  • ニコビマガジン
  • ニコビの広場
  • 東京の天気予報

  • ニコビ・ダイエット・クラブ
  • おしゃれスナップ
  • きのこグレイス先生の12星座とルーン文字で占う消しゴムはんこ占い
  • みんなの広場
  • 紀伊國屋書店 玉川高島屋店 ランキング
  • TSUTAYA 二子玉川駅前店 ランキング
  • ニコビのレシピリスト
  • ルンルンレシピ(あなたのレシピ待ってます)
ニコビ編集部のTwitter
ニコビ編集部のfacebook
  • みんなの写真
  • みんなのコラム
  • ニコスト
  • 二子玉川ぶらぶらマップ
  • 執筆陣プロフィール
  • 広告掲載のご案内
  • 広告掲載のご案内
ページトップの先頭へ